津軽弁の官能小説

猫耳コスプレ沙樹03(津軽弁)

指先だけ、上下に動かして、最奥ば刺激し、膣壁ばこするように抜き出す。 「にゃ、にゃん・・・あっ・・・。」 ぐちぐちと中指ば出し入れしながら、クリトリスばツメで軽くかっちゃぐようにすると、沙樹はのけぞっ・・・続きを見る

猫耳コスプレ沙樹02(津軽弁)

細いバイブは紗那のお尻の穴ばゆるゆると広げて、飲み込まれていく。 根元まだっぽりと咥えこむと、ほんまにお尻から尻尾が生えてらかのようになったんずや。 「尻尾ができたよ。凄くめんこいんずや。」 まなごの・・・続きを見る

猫耳コスプレ沙樹01(津軽弁)

「沙樹、今日はおもしれものば買ってきたよ。」 沙樹の部屋に着くなり、わは大きな紙袋ば開いたんずや。 「何なに?」 嬉しそうな沙樹の顔は、わが袋から取り出したものばみると、呆れ顔になったんずや。 袋から・・・続きを見る