強制猥褻のぞき紗那02(標準語):官能小説を方言で読む

強制猥褻のぞき紗那02(標準語):官能小説を各方言で読んでみましょう。違った味わいがあります。大阪弁、広島弁、土佐弁、 博多弁など主要方言掲載。

トップページ > 標準語の官能小説 >> 強制猥褻のぞき紗那02(標準語)

強制猥褻のぞき紗那02(標準語)

「へえ。紗那のヘアは薄いね。舐めやすくていいよ。」

男は力づくで彼女の足を開かせ、アソコを舌で舐めだした。

ちゅぷちゅぷと彼女のアソコからいやらしい音が響きはじめた。

「あ・・・ん・・・ふ・・・。」

「紗那のは濡れやすくて感度のいいおまんこだな。」

じゅるっとあふれだした愛液をすすって、アソコに節くれだったゴツゴツした指をぐいっと押し込む。

「はあん・・・や・・・ん・・・。」

「すっげえ・・・キツくて・・・ひくひくしてる・・・紗那のおまんこに早くちんぽ入れてぇ。」

ず・・・ず・・・と太い指をアソコに出し入れしながら、乳首をしゃぶり、空いている手でクリトリスを撫でている。

「ああぁ・・・んん・・・。」

彼女はもううっとりとしていて、抵抗するどころではないらしい。

男は一本でも太い指を二本に増やし、性急にぐちゅぐちゅと出し入れを繰り返す。

「ふ・・・・ん・・・ああっ。」

「紗那、俺ので痛い思いをしないように、濡らしてくれないか?」

男は彼女から手を離すと、ズボンとパンツをおろして、巨大で黒光りする大きなペニスを突き出した。

お腹につくくらいびいんと反り返ったペニスは、先っちょからよだれをたらしている。

彼女は呆然として、ゆっくりと首をふった。

「そ、そんなの・・・入らない・・・無理・・・。」

男は後ろ手に拘束したままの彼女をヒザ立ちにして、唇にペニスを押し当てた。

「大丈夫だって。入れちまえば、たまんなくなるぜ。だから、しゃぶってくれよ。」

彼女はゆるゆると唇を開いた。

関連カテゴリー: 標準語の官能小説TB(0)

強制猥褻のぞき紗那02(標準語)トラックバック

強制猥褻のぞき紗那02(標準語)のトラックバックURL:
http://god.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/556

標準語の官能小説関連エントリー

猫耳コスプレ紗那03(標準語) / 猫耳コスプレ紗那02(標準語) / 猫耳コスプレ紗那01(標準語) / 強制猥褻のぞき紗那04(標準語) / 強制猥褻のぞき紗那03(標準語) / 強制猥褻のぞき紗那02(標準語) / 強制猥褻のぞき紗那01(標準語) /