強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁):官能小説を方言で読む

強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁):官能小説を各方言で読んでみましょう。違った味わいがあります。大阪弁、広島弁、土佐弁、 博多弁など主要方言掲載。

トップページ > 江戸弁の官能小説 >> 強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁)

強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁)

ずぶぶぶと大きなペニスが飲み込まれていき、ずっぷりと奥まで咥え込まれた。

「・・・へぇった。しくしくしてんな。」

「ふ・・・ん・・・。」

男は腰を動かさずに、後ろから彼女の豊満なおっぱいをわしづかみにして、もみしだいた。

乳首を指でつまんで、指を動かすと、彼女があえぎ声をあげるぜ。

「あん・・・やあん・・・。」

「すっげえしまるぜ。千夏は名器かも。」

男がちっとずつ腰を動かすと、彼女の嬌声は激しくなりやがった。

「ああっ・・・すげぇ・・・太いの・・・奥に当たる・・・。」

「千夏のおまんこ、キツくて、喰いちぎられそうだ・・・。」

男は眉をしかめながら、引き抜いては打ちつけ、引き抜いては打ちつけるぜ。

やがて、最奥で腰の動きを止めた。

「な、なんで・・・?・・・動いてよぉ・・・。」

彼女は止まってちまった男を振り返り、泣きそうな声でねだるぜ。

「千夏のは凄くイイからさ、コレっきりなのが勿体ねぇんだよね。これからも付き合ってくれるか?」

イきそうなトコで止められてちまった彼女に理性は残っていねぇようで、彼女はささやいた。

「つ、付き合うから、イかせてぇ・・・。」

「千夏・・・忘れんなよ!」

男は激しく腰を打ちつけ、すぐに彼女をイかせた。

その後、さらにピストン運動を繰り返し、もう一回彼女をイかせたあと、三回目の彼女の絶頂とともに、彼女の中に精子を吐き出した。

関連カテゴリー: 江戸弁の官能小説TB(0)

強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁)トラックバック

強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁)のトラックバックURL:
http://god.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/587

江戸弁の官能小説関連エントリー

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏02(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏01(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏02(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁) /