強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁):官能小説を方言で読む

強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁):官能小説を各方言で読んでみましょう。違った味わいがあります。大阪弁、広島弁、土佐弁、 博多弁など主要方言掲載。

トップページ > 江戸弁の官能小説 >> 強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁)

強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁)

おずおずと開かれた彼女の口に飲み込まれていく男のペニスは、彼女のアゴを外すんじゃねぇかと思うくれぇ彼女の口をめいっぱい広げるぜ。

なんとかペニスを咥えた彼女は、途中くれぇまできたトコで口から出し、ペニス全体を舌で舐めはじめた。

せっせとよだれをつけるように舐めて、濡らそうとしてやがる。

「ん・・・気持ちいい・・・千夏のも、もっとも広げねぇとな。」

男は彼女を押し倒して、彼女のアソコに顔を埋め、俺のペニスを彼女の口の前においた。

舌で彼女のアソコをべろべろと舐めては、ずぼずぼと指を出し入れし、クリトリスをしゃぶったり、指でいじったりしては、愛液があふれたトコでアソコにぶちこむ指の本数を増やす。

彼女の方もちっとでも痛みを減らしてぇのか、亀頭をしゃぶったり、サオを舐めまわしたりして、巨根を濡らそうと努力してやがる。

男の太くゴツい指が三本入り、クリトリスを振動させるように小刻みに愛撫されると、彼女の体がのけぞった。

「んん・・・やだぁ・・・。」

「イったみてぇだな。じゃ、そろそろぶちこむか。」

男は彼女をよつんばいにして、後ろからじりじりと巨根を突っ込む。

頭を下げて、お尻だけ突き出してぇやらしい体勢で、足を開いて大きなペニスを受け入れてやがる彼女は痛みをちっとでも減らそうと無抵抗でじっとしてやがる。

「キツいな・・・力抜けよ・・・。」

男は入れかけたカタチで、彼女に声をかけ、クリトリスに手を伸ばした。

「あっ・・・。」

急に敏感なクリトリスを指で刺激されて、彼女が顔をあげるぜ。

「んん・・・う・・・。」

後ろから首筋や耳たぶを舐められたり、キスされたりして、彼女はアソコの力を抜いてしまうってんだ。

関連カテゴリー: 江戸弁の官能小説TB(0)

強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁)トラックバック

強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁)のトラックバックURL:
http://god.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/586

江戸弁の官能小説関連エントリー

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏02(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏01(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏02(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁) /