猫耳コスプレ千夏03(江戸弁):官能小説を方言で読む

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁):官能小説を各方言で読んでみましょう。違った味わいがあります。大阪弁、広島弁、土佐弁、 博多弁など主要方言掲載。

トップページ > 江戸弁の官能小説 >> 猫耳コスプレ千夏03(江戸弁)

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁)

指先だけ、上下に動かして、最奥を刺激し、膣壁をこするように抜き出す。

「にゃ、にゃん・・・あっ・・・。」

ぐちぐちと中指を出し入れしながら、クリトリスをツメで軽く引っかくようにすると、千夏はのけぞって、アソコをキツくしめつけた。

「イっちゃったのかにゃ?」

千夏の真っ赤になりやがった顔をみると、こくこくとうなずいた。

「下のお口にミルクをあげる前に、上のお口にあげようじゃねぇか?」

千夏の唇に先走りのこぼれるペニスを押し付けると、千夏は舌を出してペロペロと舐めはじめた。

手は猫足手袋をしてやがるので、使えねぇ。

口に咥えては、舌を一生懸命からませてやがる。

俺は俺の手でサオをしごきながら、千夏のはしたねぇ姿をながめた。

「ミルク、いくよー。」

どぴゅっと飛び出した俺のミルクは千夏の口からはずれ、顔にかかってちまった。

顔射した俺はあわてて、千夏にキスをしてごまかした。

俺の精液の青臭いニオイが気持ち悪いが、顔射をごまかすためにはしかたがねぇぜ。

ちゅくちゅくと舌をからめて、顔に飛び散った精液も舌で舐めとった。

とろんとした目の千夏はどうやら顔射を怒っていねぇようでほっとした。

ついでに、乳首をちゅばちゅばと吸い、れろれろと舌で舐めまわした。

「にゃ・・・にゃあ・・・。」

千夏が猫足手袋をはめた両手で俺の頭を押さえるぜ。

ペニスが回復したトコで、ベットに腰かけ、千夏に声をかけた。

「俺でミルクをもらいにおいで。」

千夏はのろのろと立ち上がり、俺のしざの上にまたがると、腰を上げて、アソコに俺のペニスを飲み込みはじめた。

ぐぷっと千夏のアソコが俺のペニスを包み込むと、千夏のアソコの気持ちよさのほかに、アナルにへぇったバイブの振動が俺のペニスを愛撫した。

俺は夢中で腰を振り、千夏のアソコの最奥に、二回目でちっとばかし薄くなりやがったミルクを注ぎ込んだのだったぜ。

関連カテゴリー: 江戸弁の官能小説TB(0)

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁)トラックバック

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁)のトラックバックURL:
http://god.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/598

江戸弁の官能小説関連エントリー

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏02(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏01(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏02(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁) /