猫耳コスプレ千夏02(江戸弁):官能小説を方言で読む

猫耳コスプレ千夏02(江戸弁):官能小説を各方言で読んでみましょう。違った味わいがあります。大阪弁、広島弁、土佐弁、 博多弁など主要方言掲載。

トップページ > 江戸弁の官能小説 >> 猫耳コスプレ千夏02(江戸弁)

猫耳コスプレ千夏02(江戸弁)

細いバイブは千夏のお尻の穴をゆるゆると広げて、飲み込まれていく。

根元まですっぽりと咥えこむと、マジにお尻から尻尾が生えてやがるようになりやがった。

「尻尾ができたよ。凄く可愛いぜ。」

目の端に涙を浮かべてやがる千夏の顔を覗き込んで、猫耳のヘアバンドをした頭を撫でると、千夏はきっと俺をにらみ、

「しらねぇ!」

と怒りをあらわにした。

「ごめん。スイッチを入れ忘れてたね。」

お尻にへぇったバイブのスイッチをぶちこむと、千夏はのけぞり、驚いた表情になりやがった。

「や・・・やだぁ・・・止めて・・・。」

よつんばいになって、お尻をつきだし、ふるふると震えてやがる猫耳姿の千夏はぞくぞくするほど可愛いぜ。
「猫なんだっからよ、にゃあって鳴かねぇと?」

手を伸ばして、両方の乳首を指でぎゅっとつまむと、目を見開いた千夏が、

「に、にゃあ。」

と鳴いた。

「うん、そうそうってんだ。」

乳首をつまんだまんま、指の腹でこすると、

「に、に、にゃあ・・・あん・・・。」

とあえぐ。

俺は千夏を仰向けにして、アナルに刺さった尻尾バイブをずぼずぼと動かした。

「にゃあん・・・いにゃあ・・・。」

一番奥に入れたトコで、手をとめ、愛液があふれ出してやがるアソコをちろちろと猫がミルクを舐めるようにていねいに舐めた。

「あ・・・にゃ・・・あああぁ・・・あん・・・。」

奥の方まで舌を差し込み、れろれろと舐めながら、クリトリスを指でいじると、鳴き声はいっそう激しくなりやがった。

「にゃ・・・にゃあん・・・ああん・・・。」

濡れて愛液がたれながされてやがるアソコに中指をぶちこむと、簡単に飲み込んでいき、根元までずっぷりと咥えこんだぜ。

関連カテゴリー: 江戸弁の官能小説TB(0)

猫耳コスプレ千夏02(江戸弁)トラックバック

猫耳コスプレ千夏02(江戸弁)のトラックバックURL:
http://god.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/597

江戸弁の官能小説関連エントリー

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏02(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏01(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏02(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁) /