強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁):官能小説を方言で読む

強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁):官能小説を各方言で読んでみましょう。違った味わいがあります。大阪弁、広島弁、土佐弁、 博多弁など主要方言掲載。

トップページ > 江戸弁の官能小説 >> 強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁)

強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁)

「や、やめてくれっ!!!」

その声は夜の公園を通りかかっていた俺の足を止めた。

「いいじゃねえか。お高く留まるなよ。」

声のする茂みをのぞいてみると、現場系の筋肉質でたくましい色黒のゴツい男性とほっそりとした知的で上品なスーツ姿の女性がもみ合っていた。

「さすが天宮千夏。いい体してるな。」

「いや!お願い!はなして!」

男はムリヤリ彼女にキスをして、悲鳴をふさいぜ。

「ふ・・・や・・・。」

ぐちゅぐちゅと乱暴に舌で彼女の口を犯していた男は、ちっとだけして唇を離した。

よだれが二人の唇の間を伝って、つうっとたれた。

彼女は顔を上気させて、はあはあと荒く息をしてやがるだけで、なあんにも言わなくなりやがった。

男は首にかけていた白く汗臭いタオルで、彼女を後ろ手に拘束した。

「千夏、逆らわなければ、気持ちよくなれるって。」

彼女は身をよじってやがるが、俺の目には本気の抵抗には見えなかった。

男のキスで彼女の体に火がついてちまったのだろうか。

男は太くてゴツい指に似合やしねぇ繊細な動きで、彼女のシャツのボタンを丁寧に外した。

プロントホックのブラジャーを外して、白くて大きなおっぱいを外気にさらして、手のしらでおおって撫でまわした。

「千夏は着やせするんだな。でっかくてすべすべのおっぱいぜ。 」

男は乳首を交互にちゅばっと吸い、しゃぶってねぇ方の乳首は指でぐりぐりと愛撫した。

「ん・・・や・・・。」

乳首を責めながらも、スカートのホックを外し、ファスナーを下ろし、スカートを器用に脱がした。

さらに、ぐいっとパンティストッキングとパンティをまとめて、足首のトコまで引きずりおろす。

関連カテゴリー: 江戸弁の官能小説TB(0)

強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁)トラックバック

強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁)のトラックバックURL:
http://god.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/583

江戸弁の官能小説関連エントリー

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏02(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏01(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏02(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁) /