猫耳コスプレ千夏01(江戸弁):官能小説を方言で読む

猫耳コスプレ千夏01(江戸弁):官能小説を各方言で読んでみましょう。違った味わいがあります。大阪弁、広島弁、土佐弁、 博多弁など主要方言掲載。

トップページ > 江戸弁の官能小説 >> 猫耳コスプレ千夏01(江戸弁)

猫耳コスプレ千夏01(江戸弁)

「千夏、今日はけっさくものを買ってきたよ。」

千夏の部屋に着くなり、俺は大きな紙袋を開いた。

「何なに?」

嬉しそうな千夏の顔は、俺が袋から取り出したものをみると、呆れ顔になりやがった。

袋から取り出されたのは、猫耳ヘアバンド、猫の尻尾つきバイブ、猫の足型靴下、猫の足型手袋だったぜ。

「じゃあーん。」

ウキウキしながら、テーブルの上に並べる俺を千夏は冷ややかな目で見つめてやがる。

「ねえ、それ、どいつが使うの?」

「千夏ちゃんに決まってるじゃん。」

千夏は眉をしかめて、首をふった。

「嫌よ!」

「千夏ちゃんさあ、俺に借りがあるよね?拒否権はねぇよ。」

ニコニコしながら言うと、千夏はぐっとつまった。

てぇした借りじゃねぇけど、義理がてぇ千夏にとっては大きな弱みだぜ。

「わかったわよ!」

千夏は勢いよく服を脱ぎ、猫になりやがった。

全裸に猫耳ヘアバンド、猫の足型の手袋と靴下を着けてやがる千夏は、やたらといやらしいぜ。

「じゃあ、尻尾付けてあげるね~。」

猫の尻尾付きバイブを持って千夏に近寄ると、千夏がおびえながら、俺に聞いた。

「それ・・・どこにぶちこむの?」

「そりゃぁ~、お尻だよ。じゃねぇと、尻尾にならねぇでしょ。」

俺はローションを指にたっぷりと塗り、アナルに人差し指と中指を入れた。

「嫌ぁ・・・やだぁ・・・ねえぇ・・・やめてぇ・・・。」

「大丈夫だよ。痛くしねぇから。」

ぐりんと何度か指をまわして、お尻の穴を広げたトコで指を抜き、ローションのボトルの口をお尻の穴に入れた。

「いや、いやぁ・・・。」

千夏は首をふってやがるが、猫耳、猫手袋に猫靴下姿で、よつんばいになって、首を振ってやがる姿はこのまんま、つっこんでしまいたくなるくれぇ可愛いぜ。

ぐちゅっとたっぷりお尻の穴にローションをそそぎこみ、同じくローションをたらしたバイブつき猫の尻尾を千夏に入れていく。

関連カテゴリー: 江戸弁の官能小説TB(0)

猫耳コスプレ千夏01(江戸弁)トラックバック

猫耳コスプレ千夏01(江戸弁)のトラックバックURL:
http://god.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/596

江戸弁の官能小説関連エントリー

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏02(江戸弁) / 猫耳コスプレ千夏01(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏02(江戸弁) / 強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁) /