江戸弁の官能小説

猫耳コスプレ千夏03(江戸弁)

指先だけ、上下に動かして、最奥を刺激し、膣壁をこするように抜き出す。 「にゃ、にゃん・・・あっ・・・。」 ぐちぐちと中指を出し入れしながら、クリトリスをツメで軽く引っかくようにすると、千夏はのけぞって・・・続きを見る

猫耳コスプレ千夏02(江戸弁)

細いバイブは千夏のお尻の穴をゆるゆると広げて、飲み込まれていく。 根元まですっぽりと咥えこむと、マジにお尻から尻尾が生えてやがるようになりやがった。 「尻尾ができたよ。凄く可愛いぜ。」 目の端に涙を浮・・・続きを見る

猫耳コスプレ千夏01(江戸弁)

「千夏、今日はけっさくものを買ってきたよ。」 千夏の部屋に着くなり、俺は大きな紙袋を開いた。 「何なに?」 嬉しそうな千夏の顔は、俺が袋から取り出したものをみると、呆れ顔になりやがった。 袋から取り出・・・続きを見る

強制猥褻のぞき千夏04(江戸弁)

ずぶぶぶと大きなペニスが飲み込まれていき、ずっぷりと奥まで咥え込まれた。 「・・・へぇった。しくしくしてんな。」 「ふ・・・ん・・・。」 男は腰を動かさずに、後ろから彼女の豊満なおっぱいをわしづかみに・・・続きを見る

強制猥褻のぞき千夏03(江戸弁)

おずおずと開かれた彼女の口に飲み込まれていく男のペニスは、彼女のアゴを外すんじゃねぇかと思うくれぇ彼女の口をめいっぱい広げるぜ。 なんとかペニスを咥えた彼女は、途中くれぇまできたトコで口から出し、ペニ・・・続きを見る

強制猥褻のぞき千夏02(江戸弁)

「へえ。千夏のヘアは薄いね。舐めやすくていいよ。」 男は力づくで彼女の足を開かせ、アソコを舌で舐めだした。 ちゅぷちゅぷと彼女のアソコからいやらしい音が響きはじめた。 「あ・・・ん・・・ふ・・・。」 ・・・続きを見る

強制猥褻のぞき千夏01(江戸弁)

「や、やめてくれっ!!!」 その声は夜の公園を通りかかっていた俺の足を止めた。 「いいじゃねえか。お高く留まるなよ。」 声のする茂みをのぞいてみると、現場系の筋肉質でたくましい色黒のゴツい男性とほっそ・・・続きを見る